07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2015.02.13 23:25|日記
何かと忙しい時とは承知しておりますが、

お昼に店をこっそり抜け出しました。

fc2blog_20150214152708ba4.jpg 

どうしても見たい映画が今日までということで。

fc2blog_20150214152814ad9.jpg 

少し時間がありましたので

fc2blog_20150214152747368.jpg 

大急ぎで完食です。

帰りは一駅足を延ばして

前から行ってみたかった和菓子屋さんへ

fc2blog_20150214152921e91.jpg 

すぐさまトンボ返りの強行スケジュールでしたが、

思い切って出掛けた甲斐がございました。


義父は晩年、足腰が弱ってしまう前まで、一人でこの界隈によく出かけておりました。

一日遊べると申しておりましたが、いったいどの辺のことを

言っていたのだろうと思いながら地図を片手に早足に目的地へ。

きっと義父が若い頃よく訪れていた時のこの町の雰囲気は

そのまま変わらずに今も残されているのでしょう。


何が何でも観たかった今回の映画の題材になっている詩人の

「そのあと」という詩。

fc2blog_20150214155408c5b.jpg

その詩を読む度、義父のことを一番に思い出します。

映画の最後に誰の心にも詩はひそんでいるというメッセージがありました。

私にはその詩を言葉にする力は到底ございませんが、

せめて大事な人をずっと思い続ける心は大切にしておきたいと思います。




スポンサーサイト