05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

フカイリノススメ

2015.01.08 11:50|珈琲
色々な豆を販売期間を限定して焙煎しております「一期一会」

焙煎度合はすべて深煎りで展開しております。

ほとんどのお客様が

「絶対にこれ!」

とそれぞれご自分のお好みに合った豆を

もう決められていらっしゃいますが、

中には陳列台の端から順番にお買い求め下さり、

いろいろな豆の違いをお楽しみ頂いているお客様もいらっしゃいます。


fc2blog_201501102103276c3.jpg

ただ、ずらっと瓶に入った豆を見比べると、

どの豆よりも焼き色が濃くテカッとした容姿の深煎り豆は

一度召し上がって頂くと気に入って頂けることが多いのですが、

どうしても「苦そう、きつそう」

と、お試しになるのに、

二の足を踏まれるお客様もいらっしゃいます。

そこで今回は「フカイリノススメ」と名付けまして

主人が「これぞ深煎りの王道」と思うバランスでブレンドをご用意し

普段は煎りの深い珈琲はお召し上がりにならないお客様にもお薦めし、

深煎りならではの香り、コク、風味をお楽しみ頂こうという事に致しました。

fc2blog_2015010921352635f.jpg


中煎り深煎りに限らず、主人の目指す珈琲は

強い苦み、酸味を感じない口当たりが柔らかい珈琲だと申します。

その為には焙煎時、それぞれの豆に合った火の当て方の見極めがとても重要なのだと聞いております。

このブログは女将の独り言ですので、

焙煎については無責任にあまり深くは語れませんが、

主人は「ぼやけた味はダメだ!」

とよく言います。

日頃多々とぼけた事を言い、

周りから呆れられております主人ですが、

こと珈琲に関しては、ぼやけることはダメです。

今回お薦めするこの珈琲は特に

主人が言うしっかりとした味という意味が

よりお解り頂けると思います。

どうぞご賞味下さいませ。



スポンサーサイト