09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

聴覚

2014.10.14 22:44|日記
春に引き続き開催されたセミナー、京菓子の歴史を学びに京都へ

fc2blog_2014102121461909b.jpg


茶人でもある京都の老舗和菓子店のご主人の今回のお話は「月と日本人」がテーマでした。

今年は十五夜も十三夜も月曜日で店は休みでしたので

毎年のようにお客様とご一緒にお月見を楽しむ事ができず

とても残念でしたが、

その代り今年は特別に面白いお月様にまつわるお話を聞くことができました。

fc2blog_20141021214717648.jpg

部屋のしつらえも今回もとっても素敵です。

和菓子を楽しむには聴覚も大事な事の一つと教わりました。

お菓子の名前を聞いて、お菓子の素材、色、形を眺めながら

そのお菓子が表現することのイメージをふくらませて楽しみます。

対して作り手は一つの小さなお菓子に自分の想いを重ねて名前を付けます。

お菓子を作る技術だけではなくて

日々柔軟な感性を持ち、豊富に知識を重ね、

その時季、その場、その席に合わせた表現をするが合わさって

お茶とお菓子を頂く上質な時間は作られていくのだと痛感致しました。

日常とは全くの異空間に居ながらも

じょっぴんやの珈琲を召し上がって頂くお客様にも

その時間が少しでも上質だと感じて頂けたらなぁと思いはふくらみます。

まだまだ私には学ぶ事が多いです。



スポンサーサイト