09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

高野山

2014.08.04 23:03|日記
和歌山の高野山には母方の先祖代々のお墓がございます。

お盆を前に叔母に誘われ、数十年ぶりにお墓参りに行きました。

特急電車で

fc2blog_20140807205440bf4.jpg 

ケーブルカーでさらに山上へ

fc2blog_20140807205508a1f.jpg 

心配しておりましたお天気も小雨に少し当たったくらいで

山の上はグンと気温が低く、返ってさらに涼しく、良かったようです。

まずは奥の院にお参りしてからお墓へ。

高い杉の木立の中の参道の静か神聖な空気は別世界で

心が癒されます。

外国人の参拝客の多さに驚きました。

特にフランス人が多いとタクシーの運転手さんが教えて下さいました。

fc2blog_2014080720553004d.jpg 

最後に昨年の秋に他界した母方の祖母の初盆の供養をして頂きに

「金剛三昧院」へ

国宝多宝塔

fc2blog_20140807205556aed.jpg 

建物の中に入り待合室から本堂へ

由緒あるお寺ならではの風情に感動緊張です。

こちらは宿坊もあるそうです。

思い切って今度泊まってみたいなと言う気になります。

「もっとちゃんとしないと!」

言う気になります。

帰りもケーブルカーで。

車窓からの険しい景色を見ながら

昔の修行僧はいったいどんなだったんだろうと思いつつ

「難波に着いたら精進落としにご馳走食べよう」

と言う叔母の言葉に心弾ましておりました。

宿坊に泊まる日は遠いような気が致します。


スポンサーサイト