09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

おめでたパンの思い出

2014.01.05 23:28|パン
fc2blog_201401041913364c4.jpg 

今年も新年1日目、2日目はモーニングのパンはの形に致しました。

今年はいい事を思いつきました。

とってもリッチなブリオッシュ生地で作ってみることに致しました。

「お客様にもっと喜んで頂けると思うんだぁ~」っと

どや顔でスタッフに伝えますと

去年もブリオッシュ生地で

いい事を思いついた」と言いながら作っていたそうです。


この「おめでたパン」は数年前より続けておりますが、

もっと以前は鯛の形のパイを作っておりました。

中はサーモンとしめじのおかずパイで

その頃はまだ年末の31日まで店を開けて、

お正月は2日から営業しておりましたので、

年末年始共、「おめでたパイ」と名付けて、 店頭に並べておりました。

毎年、今年こそはパイも作ろうと思うものの力及ばず断念しております。

昔このおめでたパイをお召し上がり頂いたお客様が、

ご自身の結婚式の引き出物に添えたいと言われたのですが、

時間が経つとどうしてもパイは状態が悪くなるのでお勧め出来ないとのお話から、

ではパンで作れないかということになり、

できれば大好きなミルクパンでと話が広がり、

ご用意したのが「おめでたパン」を作るきっかけです。

ミルクパンは名前の通り水分は牛乳だけで作り、

表面の風味と食感を良くする為に角切りのバターを所々にのせて焼きます。

鯛のパンにも同様に致しましたら、

焼きあがりにバターの溶けた後が残り、

鯛というよりもシマアジのようになってしまい、作り直したことを覚えております。

あれからもう何年も何年も経ちました。

お正月を迎える度に思い出す楽しいエピソードです。
スポンサーサイト