07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

粗供養

2013.10.26 22:58|珈琲
ブログでもお話致しましたが、先月母方の祖母が亡くなり、

本日35日法要が行われました。

私は仕事の都合で欠席致しましたが、

叔父から法要にお越しいただいた方々へのお礼の品の依頼を受けておりました。

珈琲豆陶器を組み合わせて、包みのオリジナルラッピングを」との指定です。


珈琲豆は主人が、祖母をイメージにしたブレンドを2種類作ってくれました。

幼稚園をしておりました祖母は皆さんから「先生、先生」と呼ばれておりましたことから、

私と妹は祖母を「先生ばあちゃん、センセばあちゃん」と呼んでおりましたので、

ブレンド名は「SENSEBAACHAN BLEND」と名付けました。


ブラジルをベースにした口当たりの優しいブレンドのサブタイトルを

「あなたのに感謝致します」

コロンビアベースの力のあるブレンドのサブタイトルに

「あなたの強さに敬意を表します」 

fc2blog_20131026215018059.jpg

陶器は長いお付き合いをさせて頂いております愛媛、砥部焼の佐藤窯さんにお願い致しました。

出来ますれば、お渡しした先でこの陶器を通して、祖母を思い出して頂けるよう、なるべく先々に合った物をと

佐藤さんには数種類の作品を用意して頂き、

珈琲豆と組み合わせて、それぞれの形にそってのラッピングを致しました。

fc2blog_201310262056451e5.jpg 

思いもかけず、祖母を偲ぶ気持ちを形に表現させて頂く機会を得たことに心から感謝しております。

いかなる時も、「贈り物は、気持ちを表現するものなのだ」と、

今までひとつひとつお客様のお気持ちがお相手に伝わるようにと従事してまいりました。

様々な想いを、自分たちなりに感じながら、

あの手この手で形にしてまいりました。

そうあるべきだと長い間大事にしてまいりました。

「間違っていないよ」と亡祖母に言ってもらったような気が致します。

じょっぴんやを皆で作り上げてきた時間に、少しだけ自信が持てました。
スポンサーサイト