07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

夏旅2013年その2

2013.08.21 23:20|店づかい
毎年夏になる前に、店使いの食器は「陶器もの」から

砥部焼を中心にした「磁器もの」に入れ替えます。

今年はちょうど入れ替えの時期に、この旅の計画が持ち上がりましたので、

どうせなら新しい器をすぐにお客様に楽しんで頂こうと「磁器もの」への入れ替えはしておりません。

連休明けも暑い日が続きそうです。

昨日は珈琲カップの他に、

アイス珈琲やアレンジ珈琲の器もたくさん仕入れました。

複数でお越し頂いたお客様にはこのカップとこのカップを合わせて、

ミルクピッチャーはこれを使って

ケーキ皿はこれとこれでと

あれやこれやとテーブルの上を思い描いて窯元やお店を巡ります。


こちらに来たら一番に伺うお店です 。

fc2blog_20130823105930091.jpg 


そしてまた今日も良い出会いがありました。

fc2blog_20130823110405976.jpg 

出会った瞬間、主人も私も心を奪われました。

品のある力強さのなかに、温もり誠実さが感じられます。

思いがけずお会いすることができた作者は、

作品のままの方でした。

「自分をわかって欲しい」と、がむしゃらに数多くの言葉を使わなくとも、

があれば、その手から生まれたものが、充分に表現してくれます。

そして自分を本当にわかって欲しい相手には必ず自分の思いは伝わるものなのだと

この若い陶芸家とお会いして改めて実感致しました。

じょっぴんやも店づくりの大切な心構えの一つとして

今一度、肝に命じなければなりません。


いつになくゆっくりとした旅のおかげで、

本物の中に身をおいた時の「贅沢な感覚」も存分に楽しむことができました。

fc2blog_20130823113552f66.jpg 

fc2blog_2013082311365455d.jpg 

この頃、歳を重ねるにつれて、物そのものよりも、それを取り巻く空気に心惹かれるようになってきたように感じます。

どちらにしろ、これからの自分の暮らし方を少しでも楽しむ為には

この「贅沢な感覚」を忘れてはいけないような気が致します。


さぁ!今日はこの旅のもう一つの目的

「海辺の素敵な宿」に伺いました。

fc2blog_201308231214462bc.jpg 

fc2blog_20130823121812343.jpg 

fc2blog_20130823121518009.jpg 

太平洋の綺麗な景色と地元の食材を使った美味しいお料理に暫し日常を忘れます。

代々続く老舗の旅館が新しい感覚で建物の建て変えをされたばかりということです。

スタッフの方々のチームワークの良い、様々な気配りに

心も体もゆっくりと寛ぐことができました。

長い年月この地で培われた貫禄と共に

スタッフのお一人お一人が、新しい形への意味を充分理解されて、

従事なさっている賜物だと感心致しました。

多くの事を学ばせて頂きました。


海を眺めながらの、こだわり食材の「朝ごはん」も

こちらの旅館の自慢の一つと伺いました。

明日もとっても楽しみです。
スポンサーサイト