FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

階段

2019.07.01 22:52|未分類
25年前、店舗住居を一緒にする為に今の店を作り、移転致しました。

今思い返すと、よく思い切ったなと、ぞっと致します(笑)

「この先何が起こるやもしれない」

「何かあったらどうしよう」という不安怖さは当時はどうも感じなかったように思います。

きっと「今までアレもしたい」「こんな事も試してみたい」と、

事あるごとに主人と語り合い積み上げてきた実現

完全に心を奪われてしまっていたのだと思います。

またそれまでの13年間のキャリアが自分達にはあるんだという

若さゆえの自分勝手な自信にも後押しされていたような気も致します。


主人と二人でたくさん描いた新しい店の構想ひとつに住居に続く階段があります。

一般的には隠してしまう階段をあえてメインにし、

建物を印象付けるようなインパクトをあたえるという構想です。

夜は階段にライティングを施し

メリハリを出すと共に

柔らかな温かみ

浮き上がらせるようなメリハリをつけたいと思っておりました。

設計施工をお願いした主人の同級生のモアさんは

私達のこの突拍子のないアイデアを充分に理解して下さり

思い通りのカタチにして下さいました。

fc2blog_20190709195224142.jpg 

その後数年してからグランアーツさんの手による意匠が加わり

またエントランスに植えた木々達も大きく成長し

月日の経過がよりオリジナル豊かなイメージに近いものに仕上げてくれました。

話がとてもとても長くなりました。

今日はその階段の切れた電球を替えて頂きました。

fc2blog_20190708170554886.jpg


当然部屋の電球を替えるようなワケにはまいりません。

命がけです。

この機会に3箇所共にLEDに替えて頂きました。

そう簡単に切れられては業者さんもたまりませんので(笑)

ありがとうございました。


今日は店内のエアコンの工事と

fc2blog_201907081707300da.jpg

女将の城も一部工事に入って頂きました。

fc2blog_201907082050266fe.jpg

女将の城は階段を上がってすぐの所にあります。

fc2blog_20190708205112817.jpg

階段の柱は竜山石サビのコラボをテーマに

グランアーツ島野さんにお願いしております店周りの意匠の一つです。

柱の上部の行灯は階段を照らす電気と連動しております。

何年も経ってサビが石に流れて独特の表現を見せてくれております。

潔癖症の実家の父が、サビが石に流れ出した時、

「こりゃ大変だ」と血相を変えて教えてくれた事を思い出します。

父は今もまだこのが流れる面白さ理解出来ないようですが

きっとお客様の中にも

「あれま、こんなに錆が付いてしまってお気の毒に…」

と思って下さる方も多くいらっしゃるかと存じます。

皆さま、これ、アートですから(笑)







スポンサーサイト