FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

おめでとう

2012.09.21 15:49|日記
娘が産まれた時

s-IMG_1325.jpg 

主人は豆を焼いておりました。

当時は自作のロースターで炭火で焙煎をしておりましたので、

まだ暑い日中は汗と炭とで真っ黒に汚れます。

「産まれたぁー」と知らせを受けるやいなや

慌てて火をおとして、そのままの出で立ちで病院へ・・・

「いくらなんでも・・・」と

一度着替えに帰るよう母に言われたそうです。


出産後の私に初めてかけた言葉は

「良かったやないの。元気そうやないの。」

ドラマのような「よくやった」と抱擁も無ければ感激の涙など全くございません。

まるで他人事のようでしたが、

その後の25年間におよぶ娘への溺愛ぶりから察するに、

あれはどう振る舞えばよいのか究極のとまどいだったのだと推測されます。


子供が産まれたからといっても、店中心の生活は変わらず、

娘は小さいながらも「親はあてにならない」と認識し、

幸いなことに周りの豊富なバックアップもございましたので、

とりたてて文句も言わず、私達に気持ち良く仕事をさせてくれました。

そういう面では、彼女も今までじょっぴんやの店づくりを一緒にしてくれた仲間の一人です。


お誕生日の朝食は特別に「焼きたてカレーパン」を食べさせてあげましょう。

s-IMG_1322.jpg

ちょうどチーズを載せ忘れて焼いてしまったのが一個あるから・・・

まぁこんな感じです。

いつも・・・







スポンサーサイト