07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

大山崎探訪

2017.05.27 22:57|日記
大山崎町商工会主催の「大山崎探訪ツアー」に参加致しました。

まずは集合場所のJR山崎駅のすぐ前にあります「妙喜庵」へ。

fc2blog_20170607161255d50.jpg

ツアーの説明を受けてから最古のお茶室「待庵」を見学致しました。

秀吉が光秀を討つ際の山崎の陣中に

千利休につくらせたお茶室を後に解体して

こちらに移されたとのことです。

私は昔から戦国時代の物語が大好きで

この時代を題材にした小説やドラマの一場面が思い浮かびます。

ますます今日のツアーに期待が膨らみます。


fc2blog_20170607161007d97.jpg 

次は「離宮八幡宮」へ参拝。

京都を目指す水陸交通喉元に位置する地ならではのお話を

宮司さんからも伺って

一般では見ることが出来ない古文書も間近で見せて頂き

発祥の神社ならではの

お守りも授かりました。

fc2blog_201706071610407b9.jpg 


ここから都落ち(笑)

fc2blog_201706071611292c2.jpg 

fc2blog_20170607161200cfc.jpg

ホームに県境があるのはここだけだそうです。

fc2blog_20170607161225416.jpg 


さぁいよいよ今日の一番のお楽しみ、「聴竹居」へ

「きっと新緑の頃はいいわよ~」

とお茶の先生に勧めて頂いたのがきっかけで

今回申し込みをしたのですが

ちょうど良い季節でした。

fc2blog_201706071613339a5.jpg 

建築家藤井厚二氏が手がけた日本で最初の「環境共生住宅」ということで、

80年も前に自然エネルギーを生かした建築があったという事だけでも驚きですが

そのひとつひとつが現在の住宅の形のになっていることにとても感動致しました。

fc2blog_20170607161635966.jpg

暮らしやすいよう、細部まで細やかな工夫がされており、

それを実際に作り上げる当時の職人技もかなりなものだったようです。

fc2blog_201706071614070d3.jpg

またデザインがとてもとてもモダンで

今の時代でも一歩先を行くような美しさがあります。

お昼はこちらでお弁当を頂きました。

fc2blog_201706081206488e7.jpg

食後も充分に見学させて頂いてから

聴竹居を後に今度は

かなりな坂道をえんやこらと歩いて

えんま様に会いに「宝積寺」を目指します。

fc2blog_201706071618494ad.jpg

誰でもいつかはえんま様の前で

天国か地獄を言い渡されるそうですが

今日お会いしたご縁

なんとか執り成して頂けないでしょうか。

fc2blog_20170607161816403.jpg 

今までいろいろ罪悪感が無きにしも非ず、

凄い迫力に震え上がります(笑)

最後は「大山崎山荘美術館」へ。

こちらへは何度か好きな展覧会の度に来ておりますが、

敷地内に建つ、普段は見せて頂けないお茶室を2ヶ所見学させて頂きました。

fc2blog_20170607162057c3b.jpg

特にこちらの美術館の入り口近くにあるお茶室は

お茶室らしからぬログハウスみたいな外見で

いつも中はどうなってるのかと気になっておりました。

室内は想像とは全く違って清楚での雰囲気が強い落ち着いた立礼式のお茶室になっており

実はこちらは2階で 1階がありました。

fc2blog_20170607162027481.jpg

山の斜面に建っているので

後ろから見ないとわかりませんでした。

その後は各自美術館を鑑賞して解散です。

今回のツアーは長年大山崎の歴史を研究されてきた郷土史家の方が講師として

わかりやすく、また楽しくご説明下さいましたので、

とても勉強になり有意義な1日になりました。

店が忙しい土曜日なのでどうしようかと迷いましたが

スタッフには無理を言って、

思い切って参加して良かったです。

この経験も店づくりの何かのヒントになるかもしれません。

少なくともえんま様へのコネは少しできました(笑)









スポンサーサイト