08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

自己表現

2016.07.17 23:11|絵手紙
思いがけず、35周年のお祝いプレゼントをお客様から頂戴しました。

素敵なラッピングをワクワクしながら解いていくと・・・

fc2blog_2016071919153973f.jpg

「ワァ!カワイイ」

小さな貝がらがたくさん!

fc2blog_20160719191602244.jpg 

そろ~っと広げてみると…

fc2blog_201607191920427bd.jpg 

お祝いメッセージと

貝に合わせたの季語が丁寧楽しく並んで書かれています。

35個の可愛い貝がらと楽しいラッピングに

お客様の優しいお心遣いがのせられて

とてもとても嬉しくて感激致しました。

お客様のメッセージ通り、これからもみんな力を合わせて

進んで行かねばと思います。

心からありがとうございました。


今日はじょっぴんやが大ファンの地元書道家のおひとり

藤田先生の講義に参加させて頂きました。

fc2blog_201607191923047d2.jpg 

平安時代から近年までの書の歴史の中で

書き手の人となりが作品の線質に表れる例を

わかりやすくスライドを使ってのお話でしたので

全く書に初心者の私でも興味深く聞くことができました。

お手本を綺麗に写すのが書道ではなくて

「書は体を表す」と言われるように

書は自己表現なのだから

何より個性を大切にしないといけないとのお話でした。


当然、書で何かを伝える域に達するには

書の基本を理解し、しっかりと身に付けなくてはならないでしょうし

その為にはたくさんの時間知識が必要で

それらが豊かな感性に包まれることによって

強く人の心に伝わるのでしょう。

滅多に経験の出来ない貴重な時間を頂きました。

ありがとうございました。


ここで先日書き替えた入口のご挨拶文の画像をUP致しますのは

大変お恥ずかしいことですが

拙い文字は勘弁して頂いて…

今回人気のブレンドのひとつ「気暮(きまぐれ)ブレンド」のご紹介をしております。

fc2blog_20160719192107bef.jpg 


数種類の珈琲豆を合わせて作るブレンド珈琲のひとつに

主人は「気まぐれ」と名前を付けておりますが

このブレンドは、気の向くまま、やみくもに珈琲豆を混ぜてみて、

偶発的な味を見付けるということでは決して無くて

長い焙煎作業の中でたくさんの豆と向き合い

それぞれの豆の特性を知りゆく上で

今まで主人が自分で作ってきたブレンドの方程式にとらわれないその時々の自由な発想で

珈琲の味を探求していく場として作りました。

その過程の中の一つの配合が、お客様からお好みを同じにして下さる声をたくさん頂いて

今の気暮ブレンドの味に定着したというお話です。


藤田先生の書の話から主人の焙煎のお話を引き合いに出し

あまりの手前味噌さに先生には大変申し訳ないことですが

どうぞお許しくださいませ。


今日のように、思いがけず35周年をお祝いして頂いた感激

数年前の夏、藤田先生の「福」の字を見て心が躍るように感じた楽しさ

お客様に美味しいと言って頂いた嬉しさ等々

一つ一つを心に蓄えていけば

じょっぴんやももっと店づくりの思いを表現して行けるように思います。











 




スポンサーサイト