08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スプレモの魅力

2016.03.16 23:16|珈琲
期間限定深煎り豆「一期一会」が替わりました。

fc2blog_2016031716235404d.jpg

コロンビアの中でも深いコクと豊かな風味を持つスプレモ

大地を感じさせるようなどっしりとした味わい」をお楽しみ頂きます。


先日の休みに珈琲豆の映画を観に行きました。

fc2blog_201603142340121b8.jpg 

「珈琲屋のですので勉強してまいります」と告げると

主人は笑っておりましたが、

いつも主人が申しますように、

「自分達のように珈琲を生業にしているものは

遠い彼方で珈琲豆を作っている人達への感謝

いかなる時も忘れてはいけない」

という意味を改めて教えられた映画でした。

手元に届けられた生豆を一杯の珈琲にする私達には

これまでのすべての過程にある無数の仕事に対しての責任があります。

主人は焙煎の良し悪しなどは僅かなもので

珈琲の味は生豆にあると言います。

映画の中でもありましたが、悪い豆を焙煎で良い味にすることは不可能だけれど

反対にせっかくの良質の豆を焙煎でダメにしてしまうことがあるというように

焙煎はその豆が持つうま味を最大限にどれだけひきだせるかが最大の課題だそうです。

またそのポイントの置き方がそれぞれのロースターの個性につながるようです。


じょっぴんやではブレンド珈琲を6種類・ストレート珈琲を8種類を常時展開しております。

それぞれ豆の種類によって、またブレンド用ストレート用によっても焙煎の仕方は当然違いますし、

ブレンド珈琲におきましては、それぞれの豆の配合はその時々の豆の状態に合わせて

絶えず調整をするそうです。

開店以来、常に主人の納得する味だけをお客様に召し上がって頂いてきました。

勿論珈琲の味は多分にお好みがございますので

どれだけ主人の作る珈琲と好みを同じにされるお客様とめぐり合えるかはだと思っております。

私の店での役目は主人が作る珈琲をそのままお客様にお伝えすることだと思って、

スタッフと共に取り組んでまいりました。

私の力で主人の珈琲をそれ以上のものにすることはできませんが、

以下にするわけにはまいりません。


昨年の年末に初めてご来店頂いたお客様に

2種類のストレートの豆を100gづつ混ぜて袋に入れるようにご注文を賜りました。

混ぜる作業は容易いことですが、

例えそれがお客様のお好みの味だったとしても

その配合で混ぜた珈琲は自分達が納得できるものではございません。

別々の袋に入れてお渡した豆をお持ち帰り頂いてお客様の手で混ぜて頂けないかと

ご提案させて頂きました。

お客様とは珈琲豆を通じてはご縁を頂けませんでしたが、

私の拙いご説明で、果たしてご理解頂けたかと

今でもまだ心がその時に残っております。














スポンサーサイト