05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2015.11.23 23:31|日記
前を走ります車、

乗車しております4人の歳を足しますと、350歳は軽~く越しておりますが、

軽快過ぎるドライビングはお見事です。

fc2blog_2015112412392984b.jpg 

本日は実家の両親が今、取り組んでおります終活の一項目として、

前々から計画しておりましたお墓移す実行の日です。

心配しておりましたお天気も二人の並々ならぬ気迫に押されたのでしょうか、

どうにか持ちそうです。

fc2blog_20151124114303057.jpg 

実家の先祖代々のお墓は「大河ドラマの黒田官兵衛」で有名になった

廣峯神社からさらに30分ほど山に入ったところにございます。

fc2blog_201511241143268be.jpg 

神主さんのお話によりますと

墓石が作られたのは江戸時代からだそうです。

大小、形も様々ですが、18基の墓石が現存しております。


fc2blog_20151124114718075.jpg 

それぞれのお墓のを個別に集め、御霊移しの礼拝をして頂きます。

fc2blog_20151124114828147.jpg 

そして新しいお墓に御霊を入れて頂きます。

fc2blog_20151124114858df1.jpg 

神道ですので、生の鯛を供え、

参列者は玉串を捧げ拝礼致します。

山の麓の海が近くの良い場所です。

今回父が一番頭をひねりました墓石に刻んだ文字

私の亡祖父の自筆祝詞(のりと)から

一字写し取りました。

「尊ぶ」に相応しいのある良い字です。

どうして私は字の血筋を引けなかったのか残念です。




スポンサーサイト