FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

弾き語り

2019.11.23 22:05|ジャム
KUROKARIハンコの洋梨のジャムのラベルのご紹介をしておりませんでした。

fc2blog_20191128195332b88.jpg

洋梨ギターを抱えて弾き語り、

なんだかとっても楽しそうです。


今朝、徳島の海野さんから木頭柚子が届きました。

fc2blog_20191128195421a4a.jpg 

毎年到着を楽しみにしております。

今年は秋の天候が悪かったせいか見かけが良くないと

ご自身のHPの近況報告で気にされていらっしゃいました。

農薬は一切お使いになられず、

その為大変な手間をかけられて自然栽培をされておられます。

見かけよりも豊富果汁香り安全安心には代えられません。

早速マーマレードに致しました。

どうぞご賞味下さいませ。



スポンサーサイト



2019年年末スペシャルビーンズ

2019.11.20 23:35|珈琲
fc2blog_20191125203817e3e.jpg

今年も年末スペシャルビーンズの時期がやってまいりました。

今月初めからご案内を店頭、ご発送共始めております。

fc2blog_20191125203200f2f.jpg 

fc2blog_20191125203017bfe.jpg 

fc2blog_2019112520303577d.jpg

ブログでのご案内が遅くなってしまいました。

大変申し訳のない事です。

今回のテーマは「復活」です。

アフリカ・ブルンジ共和国の「ブジラ農園」

中南米・エルサルバドル共和国の「サンタリタ農園」

種類の豆をご紹介致します。

どちらの国も着実に拡大してきたコーヒー豆の産地でしたが

内戦の勃発により生産量は減り一時はコーヒー市場から姿を消してしまう程でした。

それが今ではまだ内戦は完全に収束したわけではないものの

コーヒー生産国としての名声取り戻し

コーヒー消費国との関係を再構築するべく懸命に努力されているという事です。

見事復活を成し遂げた両国のコーヒー生産者に敬意を表し

お客様には守り抜かれた在来種である上質のブルボン種ならではの和らか心地良い風味を

お楽しみ頂きます。

今回のラッピングです。

fc2blog_20191125203140711.jpg 

シンプルで可愛い柄の包装紙に合わせて

少しカラフルな飾りを作りました。

色々な素材のやリボンを組み合わせてにして

ペタッと付けてみました(笑)

今まではこういう類の仕事は女将の夜なべで賄ってまいりましたが

今年から世代交代でございます(笑)

時間を見つけてはKUROKARI がせっせと手作業に励んでおります。


包装紙に合わせてデザインしたご案内状封筒用のKUROKARIハンコです。

fc2blog_201911252031204f2.jpg 
 
fc2blog_201911252031012eb.jpg 

お熨斗のデザインも今年は包装紙とコーディネートです。

fc2blog_201911281104317b7.jpg

ご指定がない限りこちらのデザインのお熨斗をお掛け致します。

珈琲豆は12月に入りましても随時ご予約は承ります。

ただ数に限りがございます。

ご入り用がお決まりでしたらご一報下さいませ。


今回じょっぴんやの年末豆のご案内が30年目を迎えさせて頂きました。

大きな節目に良い豆に出会えましたこと心から感謝しております。

移転前の店から始めました年末だけのスペシャル珈琲豆の販売、

30年も続けて来られたと思いますと感慨深いものがございます。

たくさんのお客様に支えて頂き、その時々のスタッフの皆さんには

真摯にこのイベントに向き合い取り組んで頂きました。

主人が今年はどんなテーマ

どんな豆を取り扱うのか、

私にとっては毎年楽しみではございますが、

私が任されておりますお客様へのご案内、ご提案、ご用意は

卒なくこなせるか、プレッシャーでもあります。

一年一年、毎回毎回少しずつ自信に繋がってまいりました。

今年は今一度原点に戻り

このイベントの意義を見つめ直し

気を引き締めて取り組んでまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。











ふたりの関係

2019.11.02 17:02|ジャム
「ちょっと無理かなァ~」と口にしてしまうと

何とか成し遂げたいとする変固なところがございます。

「林檎と葡萄のミックスジャム」の仕込みを致しました。

林檎は紅玉りんご、葡萄は今年は巨峰です。

早いタイミングでKUROKARIさんもラベルを付けてくれました。

fc2blog_201911041607462a4.jpg

二人でぎゅぅ~っとはさんでおります。

このマッシュルーム君二人がどんな関係かはわかりませんが

固い絆があるようです(笑)


数年ぶりにチョコマロンパイを作りました。

fc2blog_20191104160816eaf.jpg 

ココアを入れて折ったパイ生地で

栗のアーモンドクリームと渋皮煮を包んで焼きます。

fc2blog_20191104160832ab7.jpg 


今夜は夜のじょっぴんやの日です。

夜のデザートに紅玉りんごのキャラメル煮を作りました。

fc2blog_20191104160849c65.jpg 

マスカルポーネのアイスクリームを作りましたので

熱々のキャラメル煮をかけて召し上がって頂こうと思います。

お待ちしております。



















陶板

2019.11.01 22:16|ジャム
ジャムにラベルが付いております。

fc2blog_20191104134712154.jpg

ルバーブのジャムです。

ルバーブはあまり馴染みがございませんので、

お客様へのご説明に少々苦労する事がございます。

そのような事からハンコ彫りKUROKARIさんはラベルデザインの中に

毎回ルバーブのをそのまま描いて入れております。

今回のマッシュルーム君は茶髪にサングラス、

ジャケットを肩に羽織ってちょっとヤンチャ風です(笑)

ルバーブを突き出して「オヒカエナスッテ」というようなポーズです。


fc2blog_20191104134733eb2.jpg 

紅玉りんごのジャムです。

サスペンダーに緑のベレー帽。

さすがオシャレ番長のマッシュルーム君。

今回はワイルドに林檎の丸かじりです。

あぁ…私はそんな丈夫な歯が欲しい(笑)


今日はラ・フランスが届きました。

fc2blog_201911041348519f2.jpg 

熟してしまわないうちにジャムにします。

大きな見るからに美味しそうな洋梨です。

もう何年も前の話ですが、洋梨のタルトを会社にお土産

お買上げ下さろうとなさった男性のお客様が

「あぁ…やっぱり違うケーキにするよ。

洋梨は具合が悪いな。

ヨウナシと言ってるようでいけないな」

と違うケーキに変更されました。

洋梨→ヨウナシ→用無し

感の悪い私はすぐに意味がつかめず、中途半端な空気になってしまいました。

悪い事をしてしまいました。

あの時すぐにもっと笑ってさし上げたら良かったと今も反省しております(笑)


今日は若干人手がございましたので、思い切って器を土物に入れ替えました。

fc2blog_20191104134913c92.jpg

店の雰囲気がグッと落ち着きます。

新しいカップもございます。

どうぞお楽しみ下さい。


以前実家のの座卓をグランアーツの島野さんに

テーブルにリフォームして頂いたお話を致しましたが、

両親はとても喜んでせっかくテーブルにして頂いたことですし

この機会に塗りの傷んだところをメンテナンスをすることにしたそうで

先日輪島の漆塗りの工房から新品のようになって返ってまいりました。

fc2blog_20191104134943b31.jpg

今夜は記念にこのテーブルで一緒に食事をしようと誘われました。

テーブルに置いた陶板は従姉の嫁ぎ先の奈良、秋篠窯今西さんの

先日開かれた展覧会で購入したそうです。

fc2blog_201911041350021c0.jpg

「インテリアにしてもいいけれど、

ちょこちょこっとお料理をのせて食器としても使える」と説明されて

前菜風にお料理を盛り付けて、このテーブルに置き、

皆で取り分けて食べる場面が母の浮かび

気に入って買ったそうです。

fc2blog_20191104135026b90.jpg 

悲しい事に陶板を置くスペースは我が家の食卓にはありませんでした(笑)

陶板は老夫婦ふたりの慎ましやかな食事の時に使って下さい(笑)

ご馳走様でした。