FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

2018年年末スペシャルビーンズ

2018.11.15 21:50|珈琲
2018年年末スペシャルビーンズのご案内

fc2blog_20181204215542991.jpg

29回目を迎えました今年の限定販売のじょっぴんや年末豆は、

ブラジル産で希少中の希少な豆「ブルボン・ピーベリー」をご案内させて頂きます。

「ブルボン」とはコーヒーの原種に近い品種「ブルボン種」のことです。

ブルボン種は60年代にはブラジルの全土で栽培されておりましたが、

度重なる天災とブラジル政府による国策により、

多収穫で病虫害に強いハイブリッド品種に植え替えられ、

100%ブルボンは失われていきました。

しかし1989年にブラジルコーヒー院が崩壊し、

輸出の自由化と共にブルボン種を守り続けた数少ない生産者により

100%ブルボン種は復活を遂げ、今でも伝統的な方法で栽培している農園があります。

只、この収穫量は極めて少ない為、単一農園の豆で一定量確保するのは非常に困難な状況です。

現在日本で流通しているブルボン種の殆どは複数の産地のものがブレンドされ出荷されているというのが現状です。

そんな中、今回ご紹介させて頂きます豆はトレーサビリティ(産地履歴)の証明できるシングルエステート(単一農園産)のブルボン種で、

非常に貴重な豆といえます。

栽培は、ミナスジェライス州にある「カタルトゥーバ農園」で行われています。

「カタルトゥーバ農園」は1910年頃、山口県出身の中尾増吉さんがブラジルに移住して始められた農園で、

現在、2世の光男さん、そして3世のオーランドさん、4世アンドレさんにコーヒー栽培は引き継がれています。

ブルボンの味の特徴は、甘味濃縮感、さらに丸みのある触感で、他に追随を許さない香味を持っています。

また「ピーベリー」とは丸豆のことです。

コーヒーの果肉は直径1cmあまりの球状で、果肉の中には2個の半月形の種が向き合って入っています。

この平豆(フラットビーン)は皆様よく目にされると思いますが、

これとは別に、主に枝の先端部に丸い種が1個だけ入っている実(ピーペリー)ができることかあります。

収穫量は全体の5%ぐらいで、とても希少なものです。

せっかくですので、今回ピーベリーの形状もご覧頂きたく生豆を少し添えてご用意致します。

6月に収穫され、最速で入荷したファーストクロップ(一番摘み)の豆です。

豆の状態はとてもみずみずしく香りもよく力強さもあります。

中煎り、深煎りの異なる焙煎度合いでの風味の違いもどうぞお楽しみ下さい。

fc2blog_20181204215703d6a.jpg

中煎り、深煎り 各200g入りで1セット

セット価格 ¥3000

ご進物用に箱詰め、お包みラッピングは無料にて承ります。

fc2blog_20181204215616f70.jpg 

fc2blog_20181204215639d27.jpg 

fc2blog_2018120421573003f.jpg 

地方発送も承ります(送料別途)

すべてご予約販売とさせて頂き、

121日から30日までの営業日の中で、

指定して頂いたお渡し日に合わせて焙煎致します。

なお数量に限りがございますので、完売次第ご予約を締め切らせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。









スポンサーサイト