10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撫子

2017.10.16 22:55|日記
月一の京都、せっかくなのに今月は雨降りです。

恨めしく歩いておりましたら

思わぬ良いことがございました。

fc2blog_20171117195718f00.jpg

[美味しいんだよ~]とはあちこちで聞いておりましたが

いつもお昼時は行列ができており、

お店の前を通る度、断念しておりました。

雨のおかげか今日は行列がありません。

ワクワクと店内へ。

fc2blog_20171117200223bae.jpg 

何やら楽し気な飾り付けです(笑)

fc2blog_20171117195634fee.jpg

期待通り、美味しくてお腹いっぱい。

少し時間がありましたので

大好きな和菓子やさんへ明日のおやつの調達に足をのばしました。

fc2blog_20171117195801f91.jpg 


今月の森田先生のお教室は秋の花々です。

色んなお花の中で、撫子を教えていただくことに致しました。

fc2blog_20171117200004b48.jpg

帰って早速器に飾ろうと思います。

プレゼントに添えても素敵そうです。

今回も楽しい京都でした。












スポンサーサイト

INVITATION

2017.10.15 22:09|日記
私が結婚する時はお式、披露宴のご招待状をお送りして

出席、欠席を伺いましたが、

娘は前もって出席して頂ける確認を口頭やメールなどで伺っておいて

ご案内状として挙式の1ヵ月前にご招待客の皆様にお送りするそうです。

fc2blog_20171106122530e6a.jpg

何やら面白い形になりそうです。

fc2blog_20171106122449079.jpg 

ふたり共同作業です。

私の時は主人など全く手伝ってくれませんでしたし、

もしかしたらどんなご招待状かも知らずに終わってしまったのかもしれません。

ただ…娘は共同作業と申しましても

何気に観察しておりますと

彼が手伝うのはほんのわずかな工程だけで

何やら怒られながらの作業風景に見えました((笑)

fc2blog_20171112134001865.jpg 

封印はハンコの上に金粉をふって乾かすと

立体的でいい表情になります。

fc2blog_20171112134530f99.jpg

なかなか、楽しい感じに仕上がったようです(笑)

娘が自分達だけのオリジナルにこだわって、全部手作りする様子を見ながら

母娘とは似るもんだなぁ~」と

つくづく思いました。

fc2blog_20171112133708656.jpg 

半分黄ばんでしまっておりますが、

私の時のご招待状です。

私も自分だけのオリジナルにこだわって

全部手作りです(笑)

ご招待ハガキを薄い和紙で包んで水引で松のモチーフを作って貼り付けました。

「INVITATION」の文字を付けるのに苦労した覚えがございますが

どうやったかはもう覚えておりません(笑)

たぶん一文字づつ写しとった記憶がございます。

fc2blog_20171112133859661.jpg 

娘も私と同じ様に考えたんだなぁ~思っておりますと

不覚にもが出てまいりました。











前夜祭

2017.10.13 22:49|日記
奈良に住む従姉の娘Mちゃんが

今春、偶然我が家の娘と全く同じ日入籍したと知らせを受けて

ビックリしながらも従姉と「お互い良かったね~」と

電話口で大笑いしたのですが、

その二人が10月に姫路で結婚式、披露宴をすると聞き、

2度ビックリ!

数年前に奈良の秋篠窯を代々継ぐ従姉の主人が

姫路の広峰神社に壺を献納した際、

同行したMちゃんは、広峰神社の雰囲気が大変気に入ったそうで、

また東京生まれで今は仕事の関係で大阪に住むお相手も

以前偶然に広峰神社を訪れたことがあり、とても印象に残っていたそうです。

広峰神社は私の父方の曽祖父までが神主をしていた関係でゆかりのある神社です。

今、外国からの観光客で少しごった返している地元奈良の春日大社よりは

こちらの神社の方が、とても神聖に感じ、

山の上で凛と佇む姿も二人の感覚に合ったとのことで

お二人の地元には少し遠いですが、

姫路での挙式、披露宴となったそうです。

ステキなカップルです。

そんな話をした日の後に従姉がお祝いにと、

ご主人作の立派な器をお祝いに送ってくれました。

もちろん娘夫婦にとりましては家宝になります(笑)

「サラダでもバサッといはてもらったらいいのよ」と申しますが

そんなそんな…手が震えます(笑)

私から従姉の娘へのお祝いは、

頂いたものとは比べ物にならない代物ですが

せめてもと、水引でを作り、添えて贈りました。

fc2blog_20171112125416755.jpg


まだまだ先だと思っておりましたら

もう明日が結婚式となりました。

本日、挙式の前夜、奈良の従姉夫妻に加え、

東京に住む父の姉(叔母)二人と

同じく東京に住む従姉夫妻

私達家族とで総勢12人、

主役の二人抜き前夜祭です。

fc2blog_20171112125500e94.jpg

中々こうしてみんなが揃える機会は滅多にありません。

私達夫婦も娘婿を一同に紹介する事ができて好都合でした。

久しぶりで話も盛り上がり、

とても楽しいひと時でした。

また奈良の従姉夫妻からは、明日娘を嫁がせる父母の心境や

嫁ぐ前の日の親娘のエピソードの披露もあり

とても勉強になりました(笑)

デザートはお店からの計らいで

明日の新郎新婦の代わりに

ちょうど1ヶ月後、式を挙げる娘夫婦の為にを上げてお祝いして下さいました。

fc2blog_2017111212580696d.jpg

親の方が喜んでしまいました。

fc2blog_201711121258361dc.jpg 


明日式を挙げるお二人は、何よりいつも周りに心優しく接しられるカップルです。

明日はきっといいお式になる事でしょう。

後でお話を聞くのが楽しみです。







オートシャンプー

2017.10.09 22:52|日記
途中何回かは違うお店にもいきましたが、

20代の時から美容院は同じお店に通っております。

その時々の担当のスタイリストさんの移動に伴って、

数店舗展開していらっしゃるお店の中ではいろいろ変わりましたが、

ずっと同じです。

今日伺うと、新しくオートシャンプーが新型に代わったばかりだと

いつもシャンプーをしてくれるアシスタントの方が教えてくれましたので

fc2blog_2017102215523083e.jpg


「私はこちらと違う店舗だったけれど、

こちらの美容院が初めてオートシャンプー台をお店に設置した時代を知っているのよ」と

言うとビックリされていました。

そりゃぁ、君が生まれるずうっと前の事ですから。

初めてオートシャンプーを勧められた時は機械で髪をシャンプーだなんて、

電気がビビっと頭の中を走ったらどうしようと

一瞬迷いましたが

髪を傷めないとのことでしたし、

何より面白そうでしたので早速試したのを覚えております。

その日からずっとオートシャンプーです。

よそ様のお店の事ではございますが

「何かその時代を私は知っている」と思うと

楽しくなります。

じょっぴんやのお客様の中にも

前の店を知ってるのよ」と

スタッフに楽しく声をかけてくださるお客様がいらっしゃいます。

今おりますスタッフはも前のお店を知りません。

娘もだいぶん小さい時の事ですので

ほとんど記憶に無いと思います。

声をかけて頂く度に

私には強力バックがいるんだと、

スタッフ達に対して強気になれます。

有難いことです。









大切なこと

2017.09.29 23:36|日記
ちゃちゃっと仕事を済ませて京都です(笑)

fc2blog_201710161636490f7.jpg

今日は楽しみにしておりました水引作家の森田先生の個展にまいりました。

先生は水引細工の奥深い歴史の伝承とこれからの無限の可能性を表現されて、

また水引だけではなく書道、華道にも精通されており

メデイアでも幅広くご活躍されています。

今回の個展は工房の10周年を記念して開催との事で

テーマ別に3会場に分けての展示です。

fc2blog_2017101616371734c.jpg


どの順番で回ろうかと思案致しましたが、

駅から遠い所から見せて頂くことに致しました。

まずは西陣織物美術品を取り扱う老舗の会社のギャラリーへ

fc2blog_20171016163748291.jpg


3会場は歩いて行き来できる距離にあり

ぶらぶら歩く道中も楽しいものがいっぱいで興味津々です。

fc2blog_20171016163815c1f.jpg


偶然前から行きたかったお蕎麦屋さんがちょうど道すがらにありました。

fc2blog_20171016164045823.jpg

思った通りの素敵なお店です。

fc2blog_20171016163911d06.jpg

今日は北海道沼田産の新そば十割を石臼挽きの自家製粉だそうです。

fc2blog_20171016163843da8.jpg

挽きたてのかおりを楽しめます。


つぎの会場は珍しい手摺り木版画の出版社のギャラリーです。

fc2blog_20171016164122c4b.jpg

fc2blog_201710161641574dc.jpg

ちょうど先生がご在廊で、

「初めはこんな小さい作品を教室では作っていたんですよ」と

一番最初のお教室でのお手本を見せて下さいました。


最後の会場は古い町屋をリノベーションしたギャラリーです。

fc2blog_20171016164225cb4.jpg

fc2blog_20171016164257743.jpg

水引の醍醐味とでも言いましょうか、

人のが宿る数々の大作に圧感されました。

「引き継がれる」「引き継ぐ」大切さを痛感致しました。

先日、室礼の折形の講習会に参加できる機会がございまして、

その場でも色々な貴重なお話を伺うことができました。

大変おこがましいことですが

今の自分達に置き変えますと

珈琲を通して、心がここにあることを守り、

その大切さを伝えていく責任が自分達にはあると思っております。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。