06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じょっぴんや女将

Author:じょっぴんや女将
珈房じょっぴんやの店作りに日々はげんでいます。
じょっぴんやのホームページはこちらです

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

思い出

2017.07.17 22:55|日記
お茶のお教室から発足致しました「倉の会」

先生を囲んで、ワイワイと美味しい物、楽しい物を追い求める

大人女子の集まりです。

今回、その大人女子達が目を輝かせ目指します先は赤穂です。

fc2blog_20170720084851684.jpg

1時間ほどのドライブで到着致しました。

fc2blog_20170720084728c9a.jpg 

小さなスイカはトマトのゼリー。

fc2blog_201707200848029bc.jpg 

新鮮お刺身は煎り酒にたっぷりつけて頂くこともできます。

fc2blog_201707200848238d5.jpg

取り除かれた骨は後からカリカリに揚げられて出てまいります。

fc2blog_20170720084922dac.jpg 

揚げ物は揚げたてが次々と出てまいります。

毎回、手の込んだ創作に驚き歓声です(笑)

まだまだお品は出てまいりましたが

どれも気の利いた手仕事の美味しさに

一同大満足です。

それぞれ早く帰ってみんなに自慢したいところではございますが(笑)

少し足をのばして今人気のスポットへ。

fc2blog_201707200849445bf.jpg 

古い街並みに、何やら楽しそうなお店があります。

fc2blog_20170720085055037.jpg 

お茶を飲んだり

fc2blog_201707200850373cc.jpg 

お買い物をしたり

fc2blog_2017072008512034a.jpg 

お土産を買ったり

大人女子達の欲求を満たしてくれます(笑)

今回も楽しい会でした。

良い思い出ができました。

お茶のお点前はなかなか覚えられませんけれど(笑)










スポンサーサイト

新しい夜

2017.07.15 23:18|日記
fc2blog_2017071619043058c.jpg

週末だけのの営業が始まりました。

fc2blog_20170716190448b50.jpg

じょっぴんやが生まれてから36年目を迎えさせて頂いた今年、

最初は「じょっぴんやを使って一夜だけ全く違う店をやってみたい」

から始まって、色々なが重なって、重なって

いろいろな出来事も重なって重なって…

「週末の夜だけ、少し違うコンセプトで店を作ってみよう」

ということになりました。

36年いつも前を向いて店を作って来たつもりではおりますが

どうしてもガチガチができてしまっている部分もございます。

少し新しい風を吹かせることによって

今までの自分達にはイメージできなかったじょっぴんやの

違う見せ方に遭遇するかもしれません。

そんな事を考えておりますと私達自身、とても楽しいですし

もうひと頑張りのが湧いてまいります(笑)

店はお客様に新しい夜をご満足頂くことが

一番大切な事とは承知しておりますが

夜は少しわがままを言わせて頂くかもしれません(笑)

そしてもちろん新しい夜にじょっぴんや一同一丸となって取り組み、

全ての最終責任は主人にございますが

イニシアティブは若い力に少しシフトさせてまいります。

どうぞ変わらずお育て頂けますようご指導の程よろしくお願い致します。

 fc2blog_20170716190409dec.jpg









イワガキ

2017.07.14 22:11|日記
先週、私共家族の一番の若手が、

まだ仕事に慣れぬこととはいえ、

連日の暑さでダウンしてしまいました。

「もっと気合いを入れろ!」と

鼓舞したところですが、

それに引き換え、我が家の老人達元気です。

鳥取まで自分で車を運転して、一泊旅行に出かけました。

父の運転を心配する私達に

にいるから大丈夫」と

母は妙な自信を見せます(笑)

とにかく「無理をせず、ゆっくりと安全運転で」を誓わせて

昨日見送りました。

さすがに暑かったらしく今日は早めに無事帰宅し、

一同やれやれです(笑)

砂漠美術館行きは取り止めたそうです。

「さ、さ、さばくぅ~?」

「そら、あかんでしょ」という感じですけれど…

fc2blog_20170716190301511.jpg

今夜は実家でお土産のイワガキシロイカを皆で囲んでの夕食です。

fc2blog_20170716190324909.jpg 

それはそれは美味しいです(笑)

fc2blog_2017071619034197f.jpg  

デザートはもちろん鳥取すいか。

fc2blog_20170716190241757.jpg 

明日のおやつです。

実は両親の岩井温泉への旅は昨年の計画で

昨年は宿が満室で断念、行先を城崎温泉に替えたという経緯があり

今年は再チャレンジということです。

昨年は私達も島根の帰りに鳥取を周った際

「来年は両親を招待して一緒にゆっくりと鳥取を周ろう」

と主人と話しておりました。

今年それどころではなくなった私達をしら~横目

自分達だけで楽しんできたということです。

恐るべし老人パワーです(笑)













シペラス

2017.07.13 23:58|
暑い日が続きます。

この時期は特に、店内にいける花の維持が難しくなりますが

じょっぴんやにとって生の花を活けることは

とても大事な事の一つです。

今回は大きな実の「ヒペリカム」をお出迎えの花に選びました。

fc2blog_2017071619001012f.jpg

店内奥の「福」にはいつも伺うお花屋さんで今回も良い物を見つけました(笑)

涼し気な佇まいに一目惚れです(笑)

fc2blog_201707161859485b2.jpg 

シペラス」という名の水の中で育つ植物だそうですが

1週間くらいならば室内に置いても良いそうです。

何日かごとにによく当てて

時期が終われば水の中に入れておくだけで、

また来年どんどんと面白いほど顔を出して育つそうです(笑)

和風の土物の花器ともよく合うとアドバイスを頂いたのですが

適当な大きさの花器が手元に見当たらず

ステンのポットと合わせてみました。

返って無機質さがより涼し気で良かったかもしれません(笑)


今夜は新しい「夜メニュー」の最終チェックを致しました。

fc2blog_20170716190058c97.jpg

スパゲティーメニューは一品のみで

これからいろいろな食材にトライしてみようと思っております。

いえ…「トライしてみたい!」と若手から頼もしい志を受けております(笑)

fc2blog_20170716190124955.jpg 

モーニングでご好評を頂いております「ピザサラダ」を

夜のお食事のセットに組み入れます。

fc2blog_2017071619004044b.jpg 

何と言いましても一番の売り

HAPPY COFFEEでございます(笑)

もちろんお持ち帰り用の量り売りもご用意致します。

手書きでPOPも完成です。

お披露目間近に緊張が高まってまいりました(笑)










湧き水

2017.07.10 22:58|日記
祇園祭の京都です。

fc2blog_20170715191153902.jpg

水引のお教室までの道すがらだけでも、

あちこちに見慣れないものがあります(笑)

fc2blog_20170715191255fdc.jpg

お昼ご飯は偶然前を通りかかって

なにやら面白そうな店構え

吸い込まれるように入ってしまいました(笑)

fc2blog_20170715191335240.jpg  

昔、呉服問屋さんの店舗と自宅だった建物を

リノベーションしたという北京料理のお店で

中に入ると凄く広くて、幾つものフロアに分かれておりました。

fc2blog_20170715191235763.jpg 

ゆっくり美味しく頂いた後

まだ少し時間がございましたので

ダッシュです(笑)

fc2blog_20170715191213835.jpg 

去年叔母がお茶会のお菓子の注文をしにいく時に

付いて行った時はちょうど改装中でした。

お茶とお菓子を頂けるカフェが併設されたと聞いておりましたので

食後のお茶にうかがってみました。

fc2blog_20170715191406c27.jpg 

湧き水「醒ヶ井の水」がピッチャーに入れられて提供されます。

今風洗練された雰囲気の中に伝統気品が感じられます。


着物柄の紋様がテーマの今回の水引教室の作品は「女の子の玩具」です。

fc2blog_2017071519144693c.jpg 

いろいろな見本の中から

手毬を教えて頂きました。

fc2blog_20170715191514209.jpg 

まんまるにはなりませんでしたが(笑)

カラフルな色目で染められた水引で作ってみたおかげで

とても楽しい手毬になりました。

いろいろな色の組み合わせでたくさん作って

来年はお雛様と一緒に飾ろうと思います。